【減塩レシピ】トマト缶ときのこの煮込みハンバーグ(塩分0.8g)

トマトの煮込みハンバーグお肉の主菜
※写真は1人分です

寒い冬、いつものハンバーグに飽きたらトマト缶をつかった煮込みハンバーグは如何でしょうか(^^♪

煮込みハンバーグというと、調理時間が長いしいつものハンバーグにさらにひと手間で面倒・・といったイメージがありますが、ハンバーグと材料を入れ20~30分コトコトするだけなので、作ってみたら意外と簡単でした!それどころか、結局煮込んでしまうので、ハンバーグの仕上がりはわりとざっくりで大丈夫ですし(ずぼらですみません・・)、トマトソースで煮込むので、ハンバーグの下味に塩味不要で減塩が可能に!

煮込みハンバーグはデミグラスソース系も美味しいですが、どうしても塩分が多めになってしまいがち。トマト缶を使うと酸味が多いかな・・と思いましたが、30分じっくり煮込むことで酸味が飛んでトマトシチューのような濃厚なお味に仕上がりました。トマトの甘味も凝縮されて、大人も子供も美味しく頂ける一品です。

仕上げにチーズをかければさらに絶品に・・!!標準チーズの塩分量は10gあたり約0.17gですので、その他の献立の塩分量とご調整の上、是非お試しください☆ 少量の粉チーズをふりかけても美味しいです。

☆煮込まないハンバーグのレシピはこちらにも↓↓

材料(4人分)

※カッコ内は食塩相当量を表記

★ハンバーグ

  • 牛豚合い挽き肉  300g
  • 玉ねぎ      中1個
  • 卵(S/ M)    1個
  • パン粉      大匙4
  • 牛乳       大匙4
  • 胡椒       適量
  • ナツメグ     適量

★煮込み用ソース

  • トマト缶     1缶/400g
  • エリンギ※    1パック
  • 人参       中1本
  • 水        200~250㏄
  • バター      15g(0.25g)
  • 茅乃舎野菜だし※ 1袋(2.24g)
  • 中濃ソース    大匙1(0.7g)
  • 砂糖       大匙1
  • ブラックペッパー 適量

塩分合計 3.2g(4人分) → 1人分 0.8g

※エリンがなければしめじ(1パック)で、茅乃舎の野菜だしは標準のコンソメ顆粒小匙2やキューブ1個で代用可能です(塩分も大体同じくらいですが、詳細は別途ご確認下さい)

使用した調味料と塩分量(茅乃舎 野菜だし)

今回はコンソメ顆粒の代わりに、茅乃舎の野菜だし(野菜コンソメ)の袋を破って使用してみました。茅乃舎のお出汁は大ファンで、和風テイストの『茅乃舎のだし』と併せて常備しています。あまりに美味しく、出汁ガラを捨ててしまうのが勿体ないので、だいたいの場合は袋ごと破って調味料がわりに使用することが多いです(^^) 今回使用した野菜だしはコンソメの代わりに使うことが多く、野菜スープやポトフなどを作ると絶品に!是非お試し下さい☆

作り方

★ハンバーグ

  1. ボールにパン粉と牛乳(卵も入れてOK)を入れ、パン粉をふやかしておく。
  2. 玉ねぎはみじん切りにして耐熱皿に入れ、レンジ(600W)で2分半~3分程、透き通るまで加熱して粗熱をとる。時間が無い場合はそのまま入れてもOKです。
  3. 1のボールに合い挽き肉と2を入れて粘り気が出るまでよく捏ね、ブラックペッパーとナツメグで味付けをする。ソースで煮込む事で味がからむので、味付けにあえて塩は使用しません。
  4. ハンバーグのタネを8等分して中サイズの小判型にし、薄く油を引いたフライパンで焼く。片側に焼き目が付いたら裏返し、水(大匙2~3)を加えて蓋をし、弱めの中火で7-8分蒸し焼きにする。箸を刺したときにジュワっと肉汁が出れば完成です。が、ソースで煮込むので、あまり神経質に火の通りを気にしなくてOKです(^^;)

★煮込み用トマトソース→煮込む

  1. エリンギは縦長(一口大)にカットしておく(しめじの場合は石突きをとってほぐしておく)人参も縦に包丁を入れ、火の通りやすい一口サイズで縦型の形状にカットしておく。
  2. 深めのフライパン(そのまま煮込みに使います)にバターを敷き、エリンギを炒める。人参は耐熱皿にいれ、火が通りやすいよう1分半程加熱しておく(加熱しすぎてシナシナにならないよう加熱時間をご調整下さい)
  3. エリンギがしんなりしたら、トマト缶と水、コンソメの素を入れて煮立て、ハンバーグを入れて再度煮立ったら弱火でアクを摂りながら約20分、弱火でコトコトと煮込む。時折、ソースが絡むように軽くかき混ぜる。
  4. 一旦味を見ながら中濃ソース、砂糖を加えて味を調え、さらに10分程コトコトと煮詰めれば完成です!
煮込みハンバーグ

はじめは水分量が多いですが、弱火で30分コトコト煮詰めるとこんな感じになりました。

調理・減塩のポイント

  1. トマトソースで煮込むので、ハンバーグの味付けに塩は使用しませんでした。
  2. 煮込み時間は20分程で食べられますが、さらに+10分くらい煮込むとソースが煮詰まって濃厚になり、酸味もとんでまろやかになりますので、お好みで煮込み時間をご調整下さい。(あまり長時間煮込みすぎるとハンバーグが固くなりますのでご注意下さい。
  3. きのこはエリンギの他、しめじやマッシュルームなどもよく合います。
  4. 玉ねぎやじゃがいも、ブロッコリー(最後に)などを入れると、より具沢山のボリューム主菜になります(^^)

・・・

本日もご訪問下さりありがとうございました☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました