【減塩レシピ】きゅうりとカニカマの甘酢漬け(塩分0.45g)

きゅうりとカニカマの甘酢和え箸休めの一品(副菜)
※写真は1人分です

本日もお野菜の副菜を1品。こってり気味の主菜に合わせてさっぱり食べれる、きゅうりとカニカマの甘酢漬けのレシピです!

カニカマは練り物なので、気を付けないと塩分高めのものがありますが、個人的な調査の結果、1本ずつ半個包装されたスティックタイプのカニカマは比較的塩分控えめだったり、減塩タイプ(40%カットなど)もよく見かけます。※今回は1パック10本入りで塩分0.8gの減塩タイプを使用。

減塩タイプのお味は・・やはり少々物足りなさを感じますが(※個人的な感想です)、今回のように酢の物のアクセントに使うだけなら十分活躍してくれます(^^)

今回はカニカマを入れましたが、カニカマ無しできゅうりとわかめの甘酢和えにする場合はよりあっさりさっぱりと、塩分もさらに控えめで頂けますので、お野菜があと1品欲しい際などにはおススメです。

材料(2人分)

※カッコ内は食塩相当量を表記

  • きゅうり   1本
  • カニカマ   4本(0.4g)
  • わかめ    適量
  • 大葉     3-4枚
  • ウレシオ※  1g(0.5g)
  • ★米酢     大匙1
  • ★砂糖     大匙1
  • ★みりん    小匙1

塩分合計 0.9g(4人分)→ 1人分 0.45g

※ウレシオがない場合は、その他の50%減塩しおをご使用下さい(^^)

使用した調味料と塩分量

本日もお世話になりました、愛用品の『ウレシオ』です。レモン風味のお塩で塩分50%オフ。いつものお塩を減塩に変えるだけで塩分が半分カットできるので、減塩の強い味方です!カリウム不使用のさっぱりレモン風味なので、野菜の塩もみや今回のような浅漬け、サラダやカルパッチョなどのドレッシングに良く合います。野菜の水だしにもしっかり使えて便利。今回のようなきゅうりの水だしにまさに最適です!

”レモン風味”は個人的な好みなので、『ウレシオ』が手に入らない場合は、通常の50%減塩塩でもちろん代用可能です(^^)

作り方

  1. きゅうりはスライサーまたは薄切りにし、50%減塩しお1g(小スプーン1杯)をふりかけて軽くもみ5分程度置いて水を出す。
  2. わかめを水戻しする。乾燥わかめは塩分が含まれている為、多めの水で戻した後によく洗い、塩分を落とす(今回の塩分計算にわかめの塩分は含んでおりません)
  3. 大葉は千切りに、カニカマは細く割いておく。
  4. 1のきゅうりの水気を軽く絞ったら、2・3と調味料(米酢・砂糖・みりん)と和えれば完成!すぐに食べられます。お好みで白ごまをかけてお召し上がりください。

調理・減塩のポイント

  1. きゅうりの水だし用のお塩は50%減塩しおを使用し塩分をカットしています。
  2. 味付けにお醤油などは使わず、甘酢、少量のカニカマ、大葉、白ごまの風味で減塩さを感じず頂けます。
  3. カニカマ無しの場合はよりあっさりさっぱりと、さらに減塩で頂けます(1人分の塩分0.25g)

・・・

本日もご訪問下さりありがとうございました☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました