【減塩レシピ】基本の卵とじうどんを減塩で(塩分2.2g)

うどん一皿料理(麺・ごはん系)

いよいよ寒くなってきて、お昼は温かい麺類が恋しい季節ですね。我が家には三歳の息子がいるので、うどんは年中欠かせないメニューなのですが、本日は超基本の卵とじうどん(具入り)にちょい足しで減塩にアレンジしてみました!

うどんそのものはごくごく普通の、白だしベースのお出汁なのですが、隠し味に食塩無添加の『素材力だし』を小匙1加えるだけでググっと風味が増し、白だしは少なめでも満足のお味になりました。ポイントはお出汁を全部のんでも塩分2.2gで頂けること!スープを残せばさらに減塩です。

減塩生活を始めてから、汁の多い麺類は控えるようになりましたし、麺類を食べる際には極力スープを残すようにしていますが、やはり寒くなってくると温かいスープも飲みたいもの・・。減塩生活者にとって、お出汁を飲み干せるというのは普段とてもハードルが高いことなので、あまりに嬉しくてこちらでご紹介するに至りました(^^)

シマダヤの健美麺(食塩ゼロ)は同じシリーズでお蕎麦もありますので、スーパーで見かけたら是非お試しを。同じお出汁でかけそばを作り、スーパーでお惣菜の天ぷらを買ってきて『天ぷらそば』も、我が家では頻出のランチメニューです(^^)

★食塩ゼロの健美麺を使った他のレシピはこちらにも↓↓

材料(1人分)

※カッコ内は食塩相当量を表記

  • 食塩無添加うどん   1玉
  • 白だし        20ml(2.1g)
  • 素材力だし      小匙1/2.5g(0.1)
  • 水          300㏄
  • お好みの具材(しめじ・卵・油揚げ・白菜等)

塩分合計 2.2g

使用した食材・調味料と塩分量

化学調味料・食塩無添加のだし(本かつお) 塩分 1袋(5g)あたり 0.2g

白だし(標準品) 塩分 100mlあたり 10.6g

「健美麺」食塩ゼロ 本うどん 1食|「健美麺」|家庭用チルド商品カタログ
うどん、そば、中華めんなど「おうち麺」のエキスパートメーカー「シマダヤ」のウェブサイトです。「流水麺」「鉄板麺」ブランドなどのチルド商品や冷凍商品の情報をはじめ、ご家庭で美味しく召し上がれるオリジナルレシピやCM、お得なキャンペーン情報、お客様相談窓口、会社概要などの情報をご覧いただけます。

シマダヤ 『健美麺』食塩ゼロ

我が家では必ずストックしている商品。食塩ゼロなので安心して頂けます☆

作り方

本当にただの卵とじうどんなので、”作り方”なんていうほどのことはないのですが、念のため記載します(^^;)

  1. 具材をお好みの大きさにカットする。
  2. 白だし・水・素材力だしを鍋に入れて沸騰させ、野菜やお肉の材料を先に煮込む。
  3. 野菜に半分火が通ったらうどんを投入し、約3分煮込んだら完成!
  4. お好みで最後に溶き卵を加えてお召し上がりください。

調理・減塩のポイント

  1. うどんは食塩無添加のゆでうどん(シマダヤの『健美麺』食塩ゼロ)を使用しています。
  2. 標準の白だしに、食塩無添加の顆粒ダシ(素材力だし)を小匙1加えることで、塩分量はほぼそのままでぐっと風味が増します。
  3. うどん1玉に対して水が300㏄と少し少なめに感じますが、ベースのお水を少なめにするとで、味付けの調味料も少なくできる為、あえての分量です。(その分、スープを全部飲んでも安心です)どうしても少なく感じる方は350㏄位にしても良いかもしれません。
  4. 具材はなるべく無塩のものを。良く入れる材料は、豚肉・油揚げ・白菜(冷蔵庫のお野菜)・卵・かまぼこ(塩分があるので1~2切程度)ですが、お好みでなんでもどうぞ(^^)

・・・

本日もご訪問下さりありがとうございました☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました