【減塩レシピ】片栗粉を使って!とろみ鶏じゃが(塩分1.0g)

鶏じゃがお肉の主菜
※写真は1人分です

肉じゃがは牛肉や豚肉を使うことが多いですが、鶏胸肉がお安く売っていたので、鶏胸肉を使った減塩&節約鶏じゃがを作ってみました。鶏胸肉は固いと思われがちですが、そぎ切り&片栗粉をまぶすことでとってもやわらかく仕上がりますし、片栗粉を使ってとろみをつけることで長時間煮込まなくても具材に味が絡み、減塩でもしっかり味を感じられます。

甘めの味付けのお出汁は全部飲んでしまっても塩分1.0gですが、お出汁を残せばさらに減塩で頂けます。今回は鶏胸肉で作りましたが、鶏もも肉や豚小間肉でももちろん代用可能です。

材料(4人分)

※カッコ内は食塩相当量を記載

  • 鶏胸肉   1枚/300g程度
  • じゃがいも 中3個/300g
  • 人参    中1本/100g
  • 玉ねぎ   中1個/150g
  • 白滝    1パック/200g
  • 片栗粉   大匙2程度
  • ★水    2カップ
  • ★減塩醤油 大匙3(3.6g)
  • ★素材力ダシ 1本/5g(0.2g)
  • ★酒    大匙3
  • ★砂糖   大匙3

塩分合計 3.8g(4人分) → 1人分 0.95g

使用した減塩調味料と塩分量

→ 食塩無添加の顆粒ダシ(本かつお) 塩分 1本/5gあたり 0.2g

→ 食塩無添加の料理酒 塩分ゼロ(糖質もゼロ)

→ 塩分50%カットの減塩醤油 塩分 大匙1(15ml)あたり 1.2g

作り方

1.鶏胸肉は5mm程度のそぎ切りにし、片栗粉をまんべんなくまぶしておく。

2.ジャガイモは一口大に、人参は乱切りに、玉ねぎはくし切りに。糸こんにゃくはあく抜きをして食べやすい長さにカットしておく。

3.鍋(深型フライパン)に★の調味料と2の具材を入れ、グツグツと沸騰しだしたら蓋をして、弱めの中火で約15分煮る。

最後にとろみがつくので、水分はひたひたでOKです

4.最後に1の鶏胸肉を入れ、約5分煮たら完成!鶏肉は最後に入れ火が通る程度に煮ることで、固くなりすぎることを防ぎます。鶏肉にまぶした片栗粉が溶け出してお出汁にとろみがついたらOKです!

片栗粉をまぶした鶏胸肉は最後に入れます

調理・減塩のポイント

  • 減塩であっさり味のお出汁ですが、とろみをつけることで長時間煮込まなくても具材によくお味がからみます。
  • 調味料は食塩無添加の料理酒、食塩無添加の顆粒ダシ、50%減塩醤油を使って減塩しています。

使用したフライパン(T-Fal 22㎝ 深型フライパン)

4人分の肉じゃがを作るには22センチの深型フライパンがジャストでした!お鍋でももちろんOKですが、金属のお鍋で煮物をすると、お出汁が周りにこびりついてしまうのがプチストレスだったり・・

フライパンの場合はその心配なし!たっぷりめに作ってあまった肉じゃがは、翌日カレーにリメイクしたりして頂くことも(^^)

・・・

本日もご訪問頂きありがとうございました☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました