【減塩レシピ】とろり餡かけ☆かぼちゃのそぼろ煮(塩分 0.3g)

かぼちゃのそぼろ煮ボリューム副菜

冬は国産のかぼちゃがお安く出回るので嬉しいですよね(^^)

かぼちゃの煮物はかぼちゃ1つでさっと作れるお手軽レシピですが、いつも同じ味では飽きてしまうな、という時には、+豚ひき肉で餡掛けは如何でしょうか。しっかり味も減塩調味料を使えば塩分控えめで調理でき、餡かけなのでお味がしっかり絡みます。ひき肉を加えることでボリュームがでるので、”メインはお魚料理だけど、ちょっとボリュームが足りないな・・”という時の副菜としても活躍。今回は豚ひき肉で作りましたが、鶏ひき肉ならさっぱりした味わいに!

国産かぼちゃはもちろんですが、輸入かぼちゃのお味がイマイチだった時のリメイク調理にもおすすめです☆

定番・シンプルなかぼちゃの煮物のレシピはこちら↓↓

材料(4人分)

※カッコ内は食塩相当量を表記

  • かぼちゃ   1/4切
  • 豚ひき肉   80g~100g
  • 生姜すりおろし 1片
  • ★水     150㏄
  • ★酒     大匙1
  • ★減塩醤油  大匙1(1.2g)
  • ★砂糖    大匙1
  • ★素材力だし 1/2本(0.1g)
  • 片栗粉    小匙1

塩分合計 1.3g(4人分) → 1人分 0.3g(大きめ3切)

使用している調味料と塩分量

→ 食塩無添加の顆粒だし 塩分 スティック1本(5g)あたり 0.2g

→ 食塩無添加の料理酒 塩分ゼロ(糖質もゼロ)

→ 50%減塩醤油 塩分 大匙1(15ml)あたり 1.2g

作り方

1.かぼちゃは大きめの一口大に切る(12切~)。

2.生姜はすりおろし、★の調味料は合わせておく。

3.強火に熱したフライパンに油大匙1(分量外)を入れ、ひき肉と生姜を炒める。

ひき肉を炒める

4.ひき肉にだいたい火が通ったら、★の煮汁を入れて沸騰させ、一度アクをとる。気にならなければアクをとらなくても問題ありませんが、脂身(白い部分)の多いひき肉を使う場合は、ここでしっかりあくを取った方が仕上がりが油っぽくなりません(冷蔵庫で冷やすと油分が固まってしまうのが私は気になり、しっかりとります)。

そぼろ煮

5.かぼちゃを加え、落し蓋をして弱~中火で8~10分程コトコトと煮る。箸がすっと通るくらいになればOK。今回は味が染みやすいよう実を下にして煮てみました。狙い通り味が良く染みましたが、荷崩れしやすくなるので、気になる方は最初から皮目を下にして煮た方がよさそうです。

そぼろ煮
DSC_0478

6.皮を下にしてから片栗粉でとろみをつける。一旦火を止め、水溶き片栗粉(片栗粉小匙1+水大匙1で溶いたもの)を煮汁の部分を中心に回し入れ、箸などでかぼちゃが崩れないようにくるくる混ぜてとろみをつけたら完成!

そぼろ煮

調理・減塩のポイント

  1. お醤油は50%減塩醤油を、顆粒だしと料理酒は食塩無添加のものを使用するだけで、簡単に減塩の一品になります。
  2. そぼろ餡かけなので、お味がしっかり絡んで減塩感を感じません。

使用したフライパン(T-Fal 22㎝ 深型フライパン)

今回煮物に使用したのはこちら、T-Fal の深型フライパン(22㎝)です。

元々は揚げ物に使いたくて購入した少々小さめ(22㎝)の深型フライパンなのですが、揚げ物以外にも色々と使えてとっても便利!今回のような煮物だけでなく、カレーやシチューなどを一食分を作りたい場合(あまり大量に作りたくない時)もさっと気軽に作れますし、すぐお湯が沸くのでお野菜の下茹でなどにも使っています。基本はフライパンなので、油を敷いて具材を炒める時には焦げにくく、そのままお水を入れて煮込むことができて、使った後も汚れがさっと落ちて洗い物も楽ちん!主婦歴10年近くなりますが、なぜこれまで使って来なかったんだろうと後悔するくらいです。しかもこちらのT-Fal 、お値段も3000円以下~ととてもお手頃・・!!試す価値アリのアイテムです。

少々小型なので、揚げ物・煮物、いずれにせよ3~4人家族向きかなと思います。食べ盛りの子供たちや大食漢の旦那様がいる場合は、サイズを大きくしても良いかもしれませんね。

・・・

本日もご訪問下さりありがとうございました☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました