【減塩レシピ】基本のマカロニグラタンを減塩で☆(塩分1.3g)

マカロニグラタンおすすめの一品

寒くなってくるとグラタンやシチューなど、クリーム系のお料理が食べたくなりますよね!

グラタンなどのクリーム系のお料理は結構減塩が可能なレシピが多い印象です。ポテトグラタン、きのこグラタン、カキグラタンと、色々とレシピのバラエティも豊かにありますが、今回は最近ブロッコリー嫌いを克服した息子(3歳)も一緒に食べれるように、基本のマカロニグラタンを減塩アレンジで作ってみました。ド定番のグラタンなので、このレシピをベースに色々とお好きな具材をアレンジして頂くのもよいかと思います!

味付けにはお塩などは使わず、コンソメ(減塩)と上にのせるチーズのみです。少々物足りないと感じる方は、ブラックペッパーやタバスコなどでご調整下さい。

材料(2人分)

※カッコ内は食塩相当量を表記

  • マカロニ   50g
  • 鶏もも肉   150g程度
  • 玉ねぎ    中1/2個
  • しめじ    1/2株
  • 茹でブロッコリー あれば
  • 無調整豆乳  400ⅿⅼ
  • バター    20g(0.32g)
  • 小麦粉    大匙2
  • チーズ    60g(0.96g)
  • 減塩コンソメ 1個(1.33g)

塩分合計 2.61g(2人分) → 1人分1.3g

作り方

1.マカロニは表示通りの時間に、お塩は入れずお湯のみで茹でる。

2.鶏肉は2㎝角位の大きさに、玉ねぎは細切りに、しめじは石づきをとってほぐす。茹でブロッコリーがあれは彩りに、無くてもOKです。

グラタン材料

3.フライパンにバターを溶かし、鶏肉、玉ねぎ、シメジを順に入れて炒める。玉ねぎが透き通ってきたら一旦火を止め、小麦粉大匙2を加えて粉っぽさがなくなるまで全体に絡める。

4.具材にまんべんなく絡めたら、豆乳(牛乳)とコンソメを入れて再び火にかけ、とろみがつくまで煮る。とろみがついたら茹でておいたマカロニを加え、味を馴染ませる程度に少々煮詰めたら出来上がり!

5.グラタン皿に4を入れ、上に(あればブロッコリーと)チーズをのせ、オーブンで15分程(チーズがとろけて少し焦げ目がつくまで)焼いたら完成です☆

右はチーズ30g、左は夫用のチーズ50gのものです

調理・減塩のポイント

  1. 減塩タイプのコンソメを使用し減塩しています。※標準品の塩分は固形1個/小匙1あたり約2g前後ですが、減塩タイプは1.33gでした。
  2. マカロニを茹でる際にはお塩は使わず、お湯で茹でます。
  3. 牛乳ではなく無調整豆乳を使うことで、若干ですがさらに減塩に。牛乳を使う場合は100ⅿⅼあたり塩分+0.1gを加味下さい。
  4. チーズは標準のとろけるタイプを使用しました。チーズにも塩分が多めに含まれていますので、量はお好みとその日の摂取塩分量を考慮の上ご調整下さい。標準のチーズの塩分量は10gあたり塩分約0.16gです。

使用した食材・調味料の塩分量

今回使用したおススメの調味料と塩分量をご紹介します。ご参考にどうぞ☆

→ 塩分量 固形1個あたり 1.33g

写真は”30%カット”とありますが、手元の商品には40%カットと書いてあります(上記も商品詳細に飛ぶと40%カットのものになっています)。昔は30%カットだった気がするので、商品のリニューアルに画像が追い付いていないのでしょうか・・いずれにせよ、固形1個の塩分量は1.33gであることは確かです!

・・・

本日もご訪問頂きありがとうございました☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました