【減塩レシピ】鶏むね肉でお手軽に!揚げない酢鶏(塩分0.7g)

酢鶏お肉の主菜

鶏胸肉で作る、酢豚ならぬ”酢鶏”のレシピのご紹介です。

塩分少なめの減塩お助け調味料=ケチャップの力をかりて、しっかり味でも塩分少なめに仕上がりました。お肉を揚げないのでお手軽&ヘルシーに!お野菜もたくさん入れてバランス良く食べられる一品です。

鶏胸肉はパサパサすると思われがちですが、そぎ切りにして片栗粉をつけて焼くことで柔らかになりまので、ぜひお試しください。

コスパ最強の鶏胸肉が大好きで、スーパーでお安く見つけては、どうやって美味しく食べようかを日々研究している主婦の代表です(笑)

これまでにご紹介した鶏胸肉のおススメ減塩レシピはこちらにも★

材料(3人分)

※カッコ内は食塩相当量を記載しています。減塩アイテムの詳細は記事の最後に載せていますので、興味のある方はご参考になさってください☆

  • 鶏胸肉   1枚/300g程度
  • 玉ねぎ   中1個
  • 人参    中1本 
  • ピーマン  2-3個
  • たけのこ水煮 あれば
  • ★ケチャップ  大匙3(塩分 0.8g)
  • ★酢      大匙3
  • ★砂糖     大匙3
  • ★みりん    大匙1
  • ★減塩醤油   大匙1(塩分 1.2g)
  • 酒       大匙2(塩分ゼロ)
  • 片栗粉    大匙3程度
  • 油      適量

塩分合計 2.0g(三人分) → 1人分 0.7g

作り方

1.鶏胸肉は一口大にそぎ切りにし、酒大匙2と和えておく(下味&臭み消しに)。★の調味料は全て和えておく。

鶏胸肉のそぎ切り

2.野菜は一口大にカットし、人参・玉ねぎは予めレンジでチンしておくと炒める時間が時短になりす。目安は600Wで玉ねぎが1-2分程度、人参は2-3分程度ですが、あまり加熱しすぎると柔らかくなりすぎてしまうので、様子を見ながら調節してください。

野菜一口大

3.酒と和えた鶏胸肉に片栗粉大匙3を加えてよく揉みこみ、多めの油で揚げ焼きにする。

鶏胸肉

4.鶏肉を一旦フライパンから取り出し、今度は野菜を加えて炒める。火が通ったら鶏肉をフライパンに戻し、合わせておいた調味料を加えて煮詰め、とろみが出てソースが全体に絡んだら完成!

酢鶏

調理・減塩のポイント

  1. 塩分少なめ調味料のケチャップを多めに調合することで、しっかり味でも塩分控えめに仕上がっています。
  2. お醤油は50%減塩タイプを、ケチャップはデルモンテのリコピンリッチを、酒は食塩無添加のものを使用し減塩しています。
  3. お肉はそぎ切りにし、酒を揉みこみ、片栗粉でコーティングすることで、冷めても柔らかく頂けます。

使用した食材・調味料の塩分量

塩分量 100gあたり 1.5g → 大匙1(18ⅿⅼ)あたり 0.27g

こちらは特に減塩を謳った商品ではありませんが、塩分量かなり低めなので愛用しています。リコピンリッチというくらいでお味も濃厚で減塩感無し!甘めの風味が特徴です。

塩分量 0g

一般的な料理酒の塩分量は大匙1(15ⅿⅼ)あたり0.3g程ですが、こちらは食塩無添加の料理酒なので、塩分を気にすることなく安心して使えます。

塩分量 大匙1(15ⅿⅼ)あたり 1.2g

お醤油はお料理の基本、一番良く使うので、50%減塩醤油でしっかり減塩しています。

・・・

本日もご訪問頂きありがとうございました。

みなさま良い1日を☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました