【減塩レシピ】超簡単!黄金比で鶏むね肉の照り焼きチキン(塩分1.2g)

鶏胸肉の照り焼きお肉の主菜

コスパ最強!大好きな鶏むね肉のレシピシリーズです。

醤油:砂糖:酒:みりんを同割合で調合、という黄金比で間違いなしの甘辛味。一見味が濃いように思えますが、塩分50%の減塩醤油と食塩無添加の料理酒を使えば低塩分に抑えられます。ごはんが進むしっかり濃い味なので、男性の方や食べ盛りのお子さんにも喜んで頂ける一品です☆

鶏むね肉だけで作ってもよいですが、玉ねぎやレンコンを加えてボリューム増しでも美味しく頂けます。※トップ写真はレンコン入りのもの(2人分)。

今回作ってみたら思ったより濃い味に仕上がったので、もう少し減塩でも作れるかもしれないと感じました。次回作って美味しくできましたら、調味長の分量を更新させて頂きます♪

材料(2人分)

※カッコ内は食塩相当量

  • 鶏胸肉   1枚/300g程度
  • レンコン  お好みで100g~
  • ●片栗粉   大匙1
  • ●酒     大匙1
  • ★醤油   大匙2(2.4g)
  • ★砂糖   大匙2
  • ★みりん  大匙2
  • ★料理酒  大匙2
  • マヨネーズ、きざみ海苔、ごま等 お好みで

塩分合計 2.4g(2人分) → 1人分 1.2g

作り方

  1. 鶏むね肉を繊維に逆らってそぎ切りにし、●の片栗粉と酒を全体にからめる。ポリ袋に入れてもみもみしても◎。
  2. レンコンを入れる場合は4-5ミリの厚さの半月切りにし、数分水につけてアクを抜き、水気を切る。
  3. フライパンにごま油を熱し、先にレンコンだけ中火で両面をこんがり焼き、一旦取り出す。同じフライパンで少々ごま油を足し、1の鶏むね肉を並べて両面焼く。
  4. お肉の両面にこんがり焼き色が付いたら、レンコンを戻し、★の調味料を加え、蓋をして蒸し焼きにする。
  5. 調味料が少なくなってきたら蓋をあけ、フライパンをゆすりながら煮からめたら完成!

調理・減塩のポイン

  1. 調味料は50%減塩醤油と食塩不使用の料理酒を使う事で、しっかり減塩します。
  2. 鶏むね肉は焼く前に酒と片栗粉をまぶすことで柔らかく仕上がり、甘辛ダレが良く絡みます。
  3. 召し上がる際はマヨネーズ、ごま、刻み海苔などをお好みで!

使用した食材・調味料の塩分量

今回ご紹介したレシピで使用したおすすめの調味料とその塩分量です。ご参考にどうぞ☆

塩分 0g

塩分 大匙1(15ⅿⅼ)あたり 1.2g

塩分 0g

・・・

本日もご訪問下さりありがとうございました☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました