【減塩レシピ】しっかり味付けでタレいらずの具沢山春巻き(塩分0.8g)

春巻きお肉の主菜
DSC_0078

本日は具沢山春巻きのご紹介です。

春巻きを食べる際にはポン酢や酢醤油をつける方も多いかと思いますが、少量のオイスターソースを使って餡に味をしっかりつける事で、タレ無しでも美味しくいただけます。お好みでからしやラー油をつけても◎。どうしてもタレをつけたい方は、ポン酢(大匙1/塩分1.5g)ではなく酢醤油(減塩醤油 小匙1/塩分0.4g+お酢適量)で食べると減塩で食べられます。

かなり具沢山のボリューム春巻きになりますので、2本食べるとおなか一杯になりました☆

調味料の分量は守ったうえで、エビなどお好きな具材にアレンジして楽しむのもよいですね!

材料(10本分)

※カッコ内は食塩相当量

  • 春巻きの皮   10枚塩分1.6g)
  • 春雨      30g
  • 豚ひき肉    150g
  • もやし     1/2袋
  • ニラ      1/2束
  • たけのこ水煮  80g程度
  • 生姜      1片
  • きくらげ    適量(お好みで)
  • 乾燥椎茸    4-6個(お好みで)
  • ★減塩醤油   大匙1塩分1.2g)
  • ★砂糖     大匙1
  • ★酒      大匙1
  • ★みりん    大匙1
  • ★ごま油    大匙1
  • ★オイスターソース  小匙1(塩分0.5g)
  • ★鶏ガラスープ 小匙1/2 (塩分0.6g)
  • ★椎茸の戻し汁、または水 50㏄ 

塩分合計 4.0g(10本分) → 1人分(2本)0.8g

作り方

  1. (下ごしらえ)生姜はみじん切りに、にらは2㎝程の長さに、もやしは3-4センチのザク切りに、たけのこの水煮は細切りにそれぞれ切っておく。椎茸ときくらげは水で戻して細切りに、春雨も戻して適当な長さでカットしておく。
  2. フライパンに油(分量外)、生姜のみじん切りを入れて香りが立ったら、ひき肉を入れて炒める。
  3. たけのこ、もやしを加えて炒め、しばらくしたらニラ、きくらげ、椎茸を加えてさらに炒める。
  4. 水戻しした春雨と、★の調味料を入れ、水分を飛ばすように炒める。
  5. 水溶き片栗粉でとろみをつけたら具(餡)の完成!粗熱が取れるまで冷ましておく。
  6. 具が覚めたら春巻きの皮でくるくると巻き、小麦粉を溶いた水で糊付けする。
  7. 170-180度で裏表返しながら揚げ、きつね色になったら完成!

調理・減塩のポイント

  1. 具材にしっかり下味をつけることで、調味料なし(お好みで+からしやラー油)で食べられます。
  2. 調味料をつけたい方は、ポン酢(大匙1/塩分1.5g)ではなく、酢醤油(減塩醤油 小匙1/塩分0.4g+お酢適量)にすると、大幅減塩が可能です。

使用した食材・調味料の塩分量

  • 今回使用したおススメの食材と調味料の塩分量です。ご参考にどうぞ☆

→ 塩分ゼロ 食塩無添加なので安心して使えます!

→ 塩分量 大匙1(15ⅿⅼ)あたり 1.2g 標準のお醤油の約1/2の塩分量です

→ 塩分量 小匙1あたり 0.6g

特に減塩ではなく標準品です。オイスターソースは塩分量が高めですが、旨味もたっぷりなので、きちんと計量しながらうまく取り入れます。

→ 塩分量 小匙1(3g)あたり 塩分1.2g

こちらも減塩ではなく標準品ですが、無添加ということで気に入って使っています!鶏ガラスープも塩分量が高めなので、しっかり”塩味”として使うことが多いです。

おススメ調理器具 ティファールの深型フライパン(26㎝)

揚げ物にはこちらの26㎝深型フライパンを使用!

26㎝で少し小さめなのですが、深型なので油跳ねがしにくく、面積が少ない分揚げ油が少なくてすむ、今のところ満足して使用しています。我が家は3人家族ですが、小さめなのでご家族が多くて大量に揚げ物を作りたい方には不向きかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました