【減塩レシピ】麺つゆで簡単!親子丼(塩分1.5g)

親子丼減塩レシピブログ

昼食などにパパっと作れて栄養価も高い、優秀な一皿料理の親子丼。麺つゆを使えばさらに簡単&低塩分で作れます!醤油にみりんにと計量する必要もないので味の失敗も無し。青菜やしめじを加えることで彩りも栄養バランスもよいおススメの一品です。

材料(2人分)

※カッコ内は食塩相当量

  • ご飯     300g程度
  • 鶏モモ肉   120g
  • 玉ねぎ    中 1/2個
  • ほうれん草  100g
  • シメジ    1/2パック
  • 卵      2個
  • もみのり   1/2枚分
  • 酒      大匙1/2

麺つゆ出汁(A)

  • めんつゆ3倍濃縮タイプ  大匙2 (3.0g)
  • 砂糖          小匙1-2
  • 酒(食塩無添加)    大匙2
  • 水           100㏄
  •            

食塩相当量 3.0g(2人分)→ 1人分 1.5g

作り方

  1. (下ごしらえ)ほうれん草は予め茹で、4センチ程にカットしておく。鶏肉は一口大にそぎ切りにし、酒をからめる。玉ねぎは5㎜程の細切りに、しめじは石づきをとってほぐしておく。
  2. 小さめのフライパンに麺つゆ出汁(A)と玉ねぎ、しめじを入れて火にかけ、煮立ったら鶏肉を入れ、ふたをして弱めの中火で1-2分煮る。
  3. 全体を返して、再びふたをして、さらに1-2分煮る。
  4. 鶏肉に火が通ったら、ほうれん草を加えて馴染ませ、溶き卵を二回に分けて流しいれ、ふたをして火を止める。
  5. 器にご飯を盛って、のりをちらし、2を汁ごと盛る。

調理・減塩のポイント

  1. 味の整った麺つゆを使う事で、計量簡単、失敗無しで美味しく作れます!今回は特に減塩ではなく、スタンダードの三倍濃縮タイプを使いましたが、減塩麺つゆでつくればさらに減塩が可能です。
  2. 料理酒は食塩無添加のもので減塩を。一般の料理酒には、大匙1(15ⅿⅼ)あたり0.3gほどの食塩が含まれています。料理酒は日本食に良く使う調味料、1度の塩分量はあまり多くなくてもチリツモなので、ここでしっかり塩分を省きます。
  3. お出汁もしっかりかけることで、ご飯に味が染みて満足度がアップ。のりはなくてもOKですが、あったほうがより風味豊かに。
  4. ご飯は胚芽米や雑穀米にすると、噛み応えや風味が増しおススメです。
  5. 親子丼の為だけにほうれん草を茹でるのは面倒なとき・・我が家では、冷凍ほうれん草を常備しています。少し割高ではありますが、賞味期限を気にせず、親子丼やパスタの彩りに、お味噌汁やインスタントスープの具増しにと、なにかと活躍してくれています。
  6. 鶏肉が無い時・・豚肉(こま肉や切り落とし)などでも美味しく作れます!

使った調味料(主なもの)

  • 麺つゆ(スタンダード・三倍濃縮タイプ)
  • 食塩無添加 料理酒

コメント

タイトルとURLをコピーしました