【塩分控えめ】パン食のすすめ

減塩レシピブログ
DSC_0385

朝食=パン食に抵抗がない方であれば、朝食には断然パン食をおすすめします。理由は、塩分コントロールがとっても楽だから(笑)

ごはん食の場合、お米そのものは塩分ゼロですが、ごはん合うおかずやお味噌汁には塩分が高いものが多いですよね。毎日献立を変えたり、前日の夕飯の残りを食べたりなど、バラエティに富む分、塩分の計算も煩雑になってしまいます。

その点パン食の場合、パン自体には多少の塩分がありますが(平均8枚切り0.5g/6枚切り0.8g程度)、その他の食材を何パターンかで固定してしまえば、塩分計算がラクチンです。

以下、我が家の朝食の例を何パターンかご紹介します。ハム、チーズといった塩分を含む食材も、きちんと塩分量を計算して摂取する分にはOKとしています(自分ルールという意味で、です)。

我が家の朝食例①

  • 食パン(8枚切り 0.5g)+以下の具材をサンドイッチに
  • ロースハム 1枚(0.3g)
  • マヨネーズ 小匙1(0.1g)
  • ゆで卵
  • スライストマト
  • ヨーグルト(0.1g) + レーズンビネガー
  • コーヒー

塩分合計 1.0g

我が家の朝食例②

  • 食パン 6枚切り(0.8g)
  • スクランブルエッグ +ケチャップ(大匙1 0.3g)
  • ヨーグルト 80g(0.1g)+バナナ
  • コーヒー

塩分合計 1.2g

我が家の朝食例③

☆ハムとチーズのミニホットサンド

  • 食パン 8枚切り(0.5g)
  • ロースハム 1枚)(0.3g)
  • シュレッドチーズ 15g(0.3g)
  • ヨーグルト 80g(0.1g)
  • コーヒー

食パン+ハム+チーズを半分サイズのホットサンドにして頂きます☆

塩分合計 1.2g

・・・

こんな感じで、大体1g前後で食べています。朝食で節約した塩分は昼&夜に回して他のお料理が楽しめますね♪

最後に本日の一品は、ブロッコリーとゆで卵のオープンサンド!

レシピなんて言えないくらい簡単なメニューですが、簡単で美味しくてボリュームもあって、我が家ではヘビロテです。是非お試し下さい。

DSC_0385

ブロッコリーとゆで卵のオープンサンド

  • 食パン 6枚切り (0.8g)
  • ロースハム 1枚 (0.3g)
  • ゆで卵 1個 
  • ブロッコリー 2-3房
  • マヨネーズ 少々 (0.1g)

塩分合計 1.2g

食パンに、ロースハムを置き、その上にゆで卵、小さくちぎったブロッコリーをちりばめ、マヨネーズをかけてトースターで5分程度焼く。マヨネーズは、写真のようにパン全体ににょろにょろっとだして、大体5グラム程度(塩分0.1g)でした。かけすぎにはご注意を!お好みでブラックペッパーなどを振ってもおいしいです!

ポイント

食パンは8枚切りの場合-0.3gで減塩できますが、上の具材が結構ボリュームがあるので、6枚切りがおススメです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました