【減塩レシピ】基本のチキンカツ(塩分0.8g)&残ったチキンカツで卵とじ丼(塩分1.5g)

チキンカツ丼お肉の主菜
DSC_0977

先日はチーズと大葉入りのチキンカツをご紹介しましたが、本日はスタンダードなチキンカツ、からの、チキンカツの卵とじ!どんだけチキンカツが好きなんですか(笑)とツッコミを頂きそうですが・・。

いやいや、本当に大好きなんです、そのコスパ!

我が家の近所のスーパーでは、たまに鶏むね肉が38円/gというセールをやっておりまして(最安値なんて29円!)、大きめむね肉2枚で家族三人、夜ご飯にチキンカツ、残ったチキンで翌日のお昼は卵とじ丼をおなか一杯食べて200円程という最強のコスパ・・ 

主婦の強い味方です!!!

何とか家族にも美味しく食べてもらいたくて、日々むね肉のレシピを研究しておりますので、今後もちょこちょこ登場させて頂くかと思います。

で、本日ご紹介するのは、スタンダードなチキンカツと、残ったチキンカツで作る卵とじ丼!先日ご紹介したチーズチキンカツは大好きですが、チーズや大葉を巻いたり、はみ出ないように注意したりとちょっとした手間なので、面倒な時はシンプルなチキンカツで頂きます。他の揚げ物同様、調味料はチョンづけでお召し上がりください。

そして、余ったチキンは翌日のお昼などに卵とじに。油っ気がないので、翌日まで持ち越すとどうしてもパサパサになりがちな鶏むね肉料理ですが、卵とじにすればお出汁でジューシーに復活!麺つゆで塩分調整&味付けも簡単で失敗なしです。チキンが少ない時はシメジや玉ねぎで具増しも可能です!

材料(基本のチキンカツ)

  • 鶏むね肉  2枚(500~600g)
  • 卵     1個
  • 小麦粉   適量
  • パン粉   適量
  • 揚げ油   適量
  • ソース・ケチャップ等調味料 大匙1/1人分あたり

作り方(基本のチキンカツ)

  1. 鶏むね肉は繊維に逆らうようにそぎ切りにカットする。1枚のむね肉から6~7枚とるイメージです。むね肉は固くなりがちなので、大きめカットがおススメです。
鶏むね肉のそぎ切り
DSC_0952
  • 2.衣(小麦粉→卵→パン粉)をつけ、180度に熱した揚げ油で揚げる。きつね色にこんがりと揚がったら完成!
  • 3.調味料はソース、ケチャップ、ポン酢、青じそドレッシングなどが合いますが、事前に大匙1を別皿に取り分け、食べる際にチョンとつけてお召し上がりください。また、合わせて頂く調味料の塩分量を加味下さい。
鶏胸肉のチキンカツ
DSC_0969

材料(チキンカツの卵とじ/3人分)

  • 残ったチキンカツ  適量
  • 卵         2-3個
  • 玉ねぎ       1/2個
  • 麺つゆ(3倍濃縮) 大匙3
  • みりん       大匙2
  • 砂糖        大匙1
  • 水         200㏄

塩分合計 4.5g(3人分)→ 1人分1.5g

作り方(チキンカツの卵とじ)

  1. 残ったチキンは一口大に、玉ねぎは薄くスライスし、卵は溶きほぐしておく。
  2. 麺つゆ、みりん、砂糖、水と玉ねぎを入れて煮る。玉ねぎに火が通ったら、一口大にカットしたチキンを投入し、味が染みたら溶き卵を加えて煮る。卵がとろりと固まったら完成!
チキンカツの卵とじ
DSC_0970

調理・減塩のポイント

  1. 市販の麺つゆをベースにする事で、味付けは失敗なく、塩分管理も簡単にできます。今回は標準麺つゆの三倍濃縮タイプを使用。決まった塩分量で調理しているので、煮汁も全てかけてもOKです。
  2. 上記は三人分の材料で表記していますが、残ったチキンの量次第でつくる分量も変わるかと思いますので、1人前あたり麺つゆ(3倍濃縮)大匙1にてご調理下さい。少しボリュームが足りない場合は、しめじなどでかさ増ししても良いですね!
  3. 今回はスタンダードの麺つゆで作りましたが、減塩麺つゆで作ればさらに減塩が可能ですね。

使用した調味料の塩分量

  • ヤマサ 昆布つゆ(三倍濃縮) 大匙1/塩分1.5g
  • タカラ 本みりん       大匙1/塩分0g

コメント

タイトルとURLをコピーしました